スポーツ選手のメディカルチェックの重要性

スポーツ選手は体を酷使して競技を行うため、プロ選手など酷使する体の部位の故障で競技人生を終わらせたり長期治療を余儀なくされるニュースを聞くことは珍しくありません。
こういったトラブルを避けるため多くのアスリートは、定期的に医者やトレーラーによる身体チェックを受けています。
このことをメディカルチェックといいます。
メディカルチェックの特徴としては尿及び血液検査や血圧など一般的な健康診断の他に、サッカー選手であれば股関節の柔軟性や膝半月板の損傷、マラソンではアキレス腱炎や膝障害のチェックというように、各種スポーツの特徴に特化した問診やボディーチェックを行い早い段階での異常を発見することも含まれます。
このように痛む部位の確認や筋肉の硬さ、関節の可動域、筋力の強さなどをチェックし、過去の障害歴や手術などの治療歴、練習時間などを加味して体の故障に結びつく前に指導を行うことは意義深いです。

スポーツ選手の多くは多少の痛みや疼痛を我慢して続けることが多いため、専門家による身体チェックはスポーツ選手にとってとても大事なことといえます。
しかし現実にはスポーツ選手の障害に対する認識が低いため、専門家でも診断をするのは容易ではありません。
ナショナルチームのアスリートは年に一度国立スポーツ科学センターで内科と整形外科両方の健康診断を、春夏の全国高校野球大会ではピッチャーに肘関節レントゲンを受けさせて異常がないか確認するなど、日本を代表する協議にはメディカルチェックが義務付けられています。
スポーツ現場での活躍の場は今後も増えていくでしょう、スポーツ選手を支える看護師になるためにも医療におけるメディカルチェックの大切さについて振り返ってみてください。